最後の授業~心をみる人たちへ(北山修 みすず書房)

著者が、九州大学を退官するにあたっての授業をいくつか収録している。
その一つ一つが、3分間でテーマを持った世界を作り上げるポッポスに似ている。
精神科医である著者は、元フォーククルセーダーズのメンバーであり作詞家でもある。
最後の授業、というと、やはり自身の集大成をしたいと思うだろう。中井久夫さんの最後の授業、という薄い本もそのようなものだった。しかし、この最後の授業には仕掛けがある。テレビの放映が予定されて、それがこの授業のテーマにもなっているのだ。テーマという以上に、そのことに拘っているようにみえる。なぜ拘るかといえば、著者自身が、一時期マスコミの寵児になった後に身を引き、1対1の臨床が中心の世界に移行したからである。ここで、かつての葛藤を意識的に繰り返している。この葛藤は、セルフモニタリングの時代として、今の時代の中で一般化しているが、著者の個人的な戦いでもある。そのために、いささか熱のこもった胸を打つ言い方で、講義をしめている回もある。
「マスコミに出ることが素晴らしいことなのか、広く売れることが素晴らしいことなのか、紅白歌合戦に出ればいいのか、ほんとうに。そんなことはない。私にとってはライブハウスの感動のほうが絶対に感動的です。数字に巻き込まれちゃいけない。少なくとも、カウンセリングをやろうという人たちは。相手は一人です。一人を感動させればいいんです。」
この授業を通して見えてくるものは、罪悪感を抱き鬱屈もしていただろう青年が歌にそのはけ口、解放を得ようとするが、思いがけずに大人気を博し、自分(たち)のための歌が見知らぬ他人の手に渡ったしまったことに混乱し対応出来なくなり、1人の人を相手にする世界に転身するストーリーである。その青年が世間に人気者として晒された傷は大きかったのだろう。そのことの意味を、こつこつと勇気をもって考えつづけた結果が、この講義録になっている。
蛇足にみえる、フロイトの芸術(家)との葛藤を語った最後の章は、現在もライブハウスでの活動を続ける著者の葛藤でもあるのだろう。
「科学を目指せば芸術が干渉し、芸術を目指せば科学が邪魔をする、という三角関係の葛藤は簡単には解決しないのです。」
悩み多い人である。
[PR]
by isourou2 | 2011-05-29 23:05 | テキスト


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
未分類

以前の記事

2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

私に構わないで(ハナ・ユシッ..
at 2017-05-31 20:32
心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55
ルポ過激派組織IS ジハーデ..
at 2015-11-23 22:09
英作文なんかこわくない(猪野..
at 2015-09-23 01:31
英会話なるほどフレーズ100..
at 2015-07-27 00:46
生存権ーいまを生きるあなたに..
at 2015-07-08 19:36
銃殺(ジョセフ・ロージー 1..
at 2015-07-08 18:00
奇怪ねー台湾(青木由香 東洋..
at 2015-07-05 23:51
物語 近現代ギリシャの歴史~..
at 2015-07-05 23:50
独学者のための英語学習本ガイ..
at 2015-04-15 00:31
通じる英語・上達のコツ(平澤..
at 2015-02-17 22:56

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

その他のジャンル