ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る(梅森直之編著 光文社新書 2007)

ちょっと前に読んだ本。
アンダーソンの短めの講演2つと、編著者の長めの解説がついている。
最近、グローバリゼーションについて、もう少し知りたいなぁと思ってその種の本を読んでみている。
グローバリゼーションといえば、経済(大企業)の国境を越えた活動、のこと、、、と思って読み始めたが、この本はそういうことを書いているわけではない。
郵便や印刷技術によって、世界の各地域の人たちがつながっていく、それをアナーキズムのネットワークで見ていく、そんなことが書いてあった。
グローバリゼーションという言葉で表される現実が、否定的なものになっている、、たしか、80年代って、グローバリゼーションって、左翼的な人や知識人にも肯定的に語られていたよなぁ、となんだか落ち着かない気分もする。自分が、反グロと言われる運動に関わったりもしているだけに、何が、いつ、どこで、変わったのか、という気分もある。昔、肯定的に語っていた人たちは、それが戦略的なもので、資本主義を加速させることによって瓦解させる、なんてことも言っていた気がする。その人たちも、今は、状況が変わったから、とちょっと言い訳じみて聞こえもすることを言いながら、グローバリゼーションには反対している(はず)。
この本を読んで、グローバリゼーションに希望を見いだしていた時、その実質が何であったのか、ということを、なんだか思い出させ、そしてそれを深めてくれた気がする。
簡単にいえば、反グローバリゼーションの運動が、現在もっともグローバルな運動である、ということが表している何か。
相手がグローバルなら、対抗する方もグローバルじゃないといけない、、という、ある意味当たり前のことでもある。同時に、グローバルに対抗するには、様々な程度と様態でもってナショナリズムが絡んでいる。
そして、アナーキズムのネットワークが中心になっている運動でもある。
この講演の中では、たぶん触れてなかったが、アンダーソンが語っている19世紀末のアナーキズムのネットワークの話と相似することが、現在起こっている。
アナーキストの合意形成をするための仕組みが、リソグラフで印刷され日本でも流通したり、当然インターネットを介しての様々な情報交換が行われている。
おそらく日本の人は誰も知らないような(それは新聞記事にもなかなかならない)日本の野宿者の排除についての抗議がヨーロッパや南米から起きたりする。
それも、やはりグローバリゼーションなのである。
アンダーソンは、そういうことをきっと語ろうとしている。(たぶん、ネグリもそうなのかもしれない、、。よく読んでないけど。)
が、本当に気になるのは、大企業などのグローバリゼーションとそれが可能にする部分もある人のつながりという意味でのグローバリゼーション、それが、どういう関係にあるのか、ということだ。切り分けられるところはあるのか、ないのか。
「自分たちの手で自分たちのペースで自分たちのことを決める」という観点から見ていくのが大切だろうが、しかし、大津波のように基盤自体を変化させていく中で、どこに立てばいいのかも分からないところがある。
編著者の解説は、かなり分かりやすい。
この文体は、知恵の樹(バレーラ・マトゥラーナ)をなんか想起させた。だから、何ってわけでもないが。
あ、アンダーソンの「想像の共同体」と吉本隆明の「共同幻想論」との相違というのは、関心あるが、思ったより似てないな、というのが第一印象である。
アンダーソンは、英語以外の言語を修得することが大切だと講演の最後に言っている。何度やってもダメということもあるが、英語自体の「帝国主義」ぶりが萎えるところもあるので、なるほど!と思った。韓国語や中国語を勉強すればいいんじゃん、と思い立った。
[PR]
by isourou2 | 2011-11-26 01:51 | テキスト


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55
ルポ過激派組織IS ジハーデ..
at 2015-11-23 22:09
英作文なんかこわくない(猪野..
at 2015-09-23 01:31
英会話なるほどフレーズ100..
at 2015-07-27 00:46
生存権ーいまを生きるあなたに..
at 2015-07-08 19:36
銃殺(ジョセフ・ロージー 1..
at 2015-07-08 18:00
奇怪ねー台湾(青木由香 東洋..
at 2015-07-05 23:51
物語 近現代ギリシャの歴史~..
at 2015-07-05 23:50
独学者のための英語学習本ガイ..
at 2015-04-15 00:31
通じる英語・上達のコツ(平澤..
at 2015-02-17 22:56
ほんとうの中国の話をしよう(..
at 2015-01-23 22:20

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

その他のジャンル