東京下町山の手1867ー1923(エドワード・サイデンステッカー 安西徹雄訳 TBSブリタニカ 1986)

日本について研究する西欧人、に興味がある。
まずは煩雑な日本語を学ぶ必要があり、しかも旧仮名や古文も読むことが出来ないといけない。その上で文献を渉猟し、日本人を凌駕するような日本についての博識をえる。
経済大国となった以後のビジネスにおいての関心なら分からないでもないが、特に過去においてそのようなことをするモチベーションがどこにあるのか。日本における欧米の研究者とはまるでちがう動機がそこにはあるだろう。(軍事的な必要に迫られた日本研究というのも過去にかなりあっただろうけど、、、)
要は、これらの外国人はことごとく変わり者なのではないか。すんなりと西欧の近代文明にとけこめない人たちが日本研究などにうつつを抜かしていたのではないか。
そんな気もする。その上、そうはいってもそれらの西欧人の目に写る日本というのは、それなりに相対化されているはずで、外部的な視点というのも面白いものだと思う。
そんなわけで、外国人の手による日本研究というのをポツポツと読んでいこうと思っている。

まずは、これ。軽い社会風俗誌といえば、そうだが、なんでこの人ここまで知っているのか??というほど目配りの利いたエピソードが散りばめられた飽きない本である。
そして、この本は永井荷風に捧げられている。
それでだいたいのベースに流れる感覚は分かるだろう。江戸文化が失われていくことに対する哀惜の念。そのような視点から、大衆文化の旺盛な力に驚きつつも、明治大正と時代とともに東京が移り変わっていくのを眺めている。そんな外人。これは、やっぱりなんだか奇妙なことではないか。そして、やはりそういう奇妙な人にぼくもまた共鳴と哀愁を感じるものである。
[PR]
by isourou2 | 2012-04-13 19:30 | テキスト


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55
ルポ過激派組織IS ジハーデ..
at 2015-11-23 22:09
英作文なんかこわくない(猪野..
at 2015-09-23 01:31
英会話なるほどフレーズ100..
at 2015-07-27 00:46
生存権ーいまを生きるあなたに..
at 2015-07-08 19:36
銃殺(ジョセフ・ロージー 1..
at 2015-07-08 18:00
奇怪ねー台湾(青木由香 東洋..
at 2015-07-05 23:51
物語 近現代ギリシャの歴史~..
at 2015-07-05 23:50
独学者のための英語学習本ガイ..
at 2015-04-15 00:31
通じる英語・上達のコツ(平澤..
at 2015-02-17 22:56
ほんとうの中国の話をしよう(..
at 2015-01-23 22:20

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

その他のジャンル