ハンセン病重監房の記録(宮坂道夫 集英社新書 2006)

 2、3時間あれば読了できるだろう平明な新書。入門書に最適ではないだろうか。それは、この本がコンパクトにまとまっているとともに、著者自身が歴史的な勝訴といえる2001年のハンセン病国家賠償請求訴訟・熊本地裁判決が出た後から、ハンセン病のことを学びだした、いわば「初学・者」というスタンスに立っているためだ。
 「この本を手にした人のなかには、ハンセン病問題のことをほとんど知らない人もたくさんいるはずだ。私もそうだったし、今でも同じようなものだ。この本は、そういう人たち、ハンセン病問題をよく知らない人たちのために書いた。」とまえがきにもある。
 たとえば、療養所を訪れる時のためらいや重苦しい気持ちなどが、その行程と共にていねいに書いてある。だから、ぼくなどの本当の初学者にとってこの本は、著者の思考・行動の後をたどることで、この問題に近づくことのできる抜群の道案内になっている。
 また、この本のテーマとして著者が関わる<生命倫理学><医療倫理学>の分野で、この問題が扱われてこなかったことに対する反省がある。そこで、その学識からみたハンセン病問題にある「パターナリズム」の説明にページを割いている。光田健輔氏の言動を分析していることは、「長い道」の感想にも少し触れた。パターナリズムの究極の現れとして「重監房」があったことを理解できる流れになっている。
 1916年に療養所所長が入所者に対して「監禁」「減食」など罰することできるように<らい予防法>が改正された。ハンセン病患者を一般刑務所が収監しないことに対して<らい刑務所>設置を求める光田氏たちの要求を受けて、刑務所設置の代案として法改正が行われたとされている。しかし、各所内の監禁所だけでは不足だとして光田氏たちは草津の栗生楽泉園内に<特別病室=重監房>を設置する。
 1938年から47年までの9年間に93名が収監され、そのうち14名が監房内で死亡、8名が衰弱して出所後まもなく亡くなった。冬はマイナス20度になる中で、たいした寝具もなく(敷き布団は氷ついて床からはがせなかったという)、区切られた個別の監房の周りには雪が積もっていたとのことだ。そして、収監に関して書類がつくられたのは1名しかなく、先の人数も正確なものかどうかも不明とのこと。つまりは、この重監房の運用は、裁判などには全然基づかず、完全に所長らの恣意にまかされていた。そして、この存在をちらつかせては入所者を従わせていたらしい。重監房からの生還者のほとんどは、その経験について何も語っていない。むしろ、頑なに語ろうとしないということだ。経験が、その人の中で凍り付いてしまっているということだろうと思う。なので、ごく少数の例外を除いては重監房で何が起こっていたかは、監房に食事の運搬をしていた人などからの聞き取りしかない。
 例外的に経緯がわかっている場合が2つ本書に掲載されている。熊本のハンセン病患者の集落の中に、自治的な療養所を自ら設立するために働きかけを行っていた互助組織があった。しかし、1940年、九州療養所は警察の協力のもとその集落を明け方急襲し157名の強制収容を行った。全くの犯罪者扱いである。そして、互助組織の役員17名が重監房に入れられた。(さすがに冷静な筆致の著者も、ぶち込まれた、と書いている。)
 もう1例は、多摩全生園で、洗濯場の主任をしていた人が、作業している入所者から穴のあいた長靴の取り替え要求が出たことを園に伝えたところ、園側が拒否し、その結果として作業のサボタージュが行われた。その懲罰として主任とその妻を重監房が送られ、主任は出所1ヶ月半後に死亡した。重監房に送られた彼らは、刑務所の必要を主張する光田氏のいう凶悪犯などではない。園側が怖れて、これらの<懲罰ー重監房>の存在を必要としたのは、入所者たちの自治的な活動、権利意識であったことがここからは読みとれる。それに関連して本書で知って目を開かされたことは、1942年に入所者たちによって重監房を秘密裏に破壊焼き討ちする綿密な蜂起計画が進められていたという話だった。しかし、寸前に園側に情報が漏れたとしてこの蜂起は中止になってしまう。「このような命がけの反抗計画が、第二次世界大戦のさなかである1942年に行われたことに、驚きを禁じ得ない。日本で最も早い「患者の権利運動」の一つが、抑圧の時代に行われたのだった。」
 国土をハンセン病から防衛するという優生思想的でナショナリィステックな発想と同時に、自らを「家長」とする患者の「理想郷」「楽土」を療養所として実現しようとした光田氏。その発想は同時代の新しき村から大東亜共栄圏に至る様々なユートピア(デストピア)思想の1つであったと言えそうだ。そして、そこでは、入所者による自治的なもう1つユートピア運動も萌芽して、その相克の歴史として「療養所ー入所者自治会」ということを考えることが出来そうな、、、気がしている。そこにおいても、やはりこの重監房の存在は大きな象徴的な意味を持つだろうと思う。(そういえば、猪瀬都知事は、愚かしくもやたらに「家長」と連呼してますね、、。)
 重監房は、戦後問題視され出すと、施設当局者によってあっけなく壊され土台が残されるだけになった。証拠隠滅である。そこで、入所者の発案に沿って著者は「重監房」の復元を求める署名運動を始める。「重監房をわざわざ復元することのいちばん大きな理由は、私たちの想像力の限界にあるのかもしれない。重監房の「殺意」は、あの異様な建物の構造にこそ表れている。これを可能な限り復元して、暗黒と冷気に閉ざされた独房に、私たちは入ってみる必要があるのではないか。そうではなければ、そこで数十日間、数百日間と監禁されることの恐怖は理解できないのではないか。」と著者は逡巡しながらも運動を続けていく。それは、約1年間に10万人の署名を集めるに至る大きな動きになった。この本は、その10万人を超える署名を厚労省に提出したところで終わっている。
 その後、どうなったのだろう、、、とネットで「重監房の復元を求める会」のHPを見てみたところ、更新がこの本が出版された2006年で止まっている。ああ、、、実現されなかったのかなぁ、、と落胆しかかった時、違うページが目に止まった。なんと、2012年5月の新聞記事に、厚労省が「重監房」復元の基本計画書を取りまとめ、今後、入所者による運営委員会が設置され、事業計画を決め、来年度の完成を目指す、とある。署名が、運動が、実ったのである。ブラボーである。しかし、この当時は、まだ民主党政権である。自民党が計画を見直すことはないだろうか、といささか不安を感じつつ、、、完成したらぜひ、行きたいと思う。
(毎日新聞 2012年05月09日 地方版http://goo.gl/in0oN)
[PR]
by isourou2 | 2012-12-30 02:48 | テキスト


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55
ルポ過激派組織IS ジハーデ..
at 2015-11-23 22:09
英作文なんかこわくない(猪野..
at 2015-09-23 01:31
英会話なるほどフレーズ100..
at 2015-07-27 00:46
生存権ーいまを生きるあなたに..
at 2015-07-08 19:36
銃殺(ジョセフ・ロージー 1..
at 2015-07-08 18:00
奇怪ねー台湾(青木由香 東洋..
at 2015-07-05 23:51
物語 近現代ギリシャの歴史~..
at 2015-07-05 23:50
独学者のための英語学習本ガイ..
at 2015-04-15 00:31
通じる英語・上達のコツ(平澤..
at 2015-02-17 22:56
ほんとうの中国の話をしよう(..
at 2015-01-23 22:20

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

その他のジャンル