自転車日記(夏目漱石 1901 漱石全集第12集 岩波書店)

単行本未収録。ホトトギスに掲載されたエッセイというべき小作品で、漱石の公刊されている文章としては最初期にあたる。(我が輩は猫である、が1903年から連載)。
ロンドンで漱石が下宿の老婦人に自転車を勧められ、自転車を試すことになるが、うまく乗りこなすことが出来ずに終わったというだけの実に他愛のない無邪気な話である。しかし、ここでの自由闊達な筆さばきはもの凄い。平易な題材を腕の切れ味を試し、示し、楽しむために選んだともいえる。だから、ここで伝わってくるのは、抽象的なもの、あるいは感覚的なものの質である。もちろん、ユーモアがある。むしろ、ユーモアしかないともいえる。自転車で曲乗のように坂を駆け下るだけな場面も、曲がりやすい方にしか曲がれないために友人に街案内しても同じところを巡ってしまうことも、度重なる落車も衝突も、それは少しバスターキートンの無声映画にも似たおかしなシーンである。それらのシーンは、自分を相対化した目、相対化とだけでは言い表せない変幻な目で描かれている。それゆえのユーモアである。国木田独歩が「武蔵野」を書いて5年後に、ここまで自由な筆致が展開できる漱石には感嘆する。ここに横溢する愉悦の感覚は、自分と文章の間に幾多の流路を切り開くという快そのものからやってきている。そのようなことが漱石に可能だったのは(それが漱石の異郷での体験なのか、知識なのか、育ちなのか、漱石についてはよく知らないのだが)、変幻な視点によって、流路をつくりうるだけのひような「空き地」を心的に造作できているためである。
それは、逆にいえば、そのような空き地を必要とするだけの逃れがたい苦しさや固執さぜるえない自己が漱石にあったということでもある。初期から晩期の重苦しさへの変化というのは、そういう観点で理解できるような気がする。(といってちゃんと読んでないけど。)。ここまで考えてきて、この過剰なくらい自由闊達な筆で自転車を自由に乗れないことを書いたエッセイは、その対比の妙とともに、自由闊達さの挫折をもどこか暗示しているようでもある。

*ここでの文体で思い起こしたのは、昭和軽薄体。とすれば、吉本隆明が椎名誠を「自殺を禁じられた太宰治」と評したことがあったけど、むしろ「胃腸の丈夫な夏目漱石」と言った方が良かったのかもしれない。
[PR]
by isourou2 | 2014-07-02 00:06 | テキスト


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
オブジェクト
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

ポメラその2
at 2017-08-07 17:24
私に構わないで(ハナ・ユシッ..
at 2017-05-31 20:32
心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55
ルポ過激派組織IS ジハーデ..
at 2015-11-23 22:09
英作文なんかこわくない(猪野..
at 2015-09-23 01:31
英会話なるほどフレーズ100..
at 2015-07-27 00:46
生存権ーいまを生きるあなたに..
at 2015-07-08 19:36
銃殺(ジョセフ・ロージー 1..
at 2015-07-08 18:00
奇怪ねー台湾(青木由香 東洋..
at 2015-07-05 23:51
物語 近現代ギリシャの歴史~..
at 2015-07-05 23:50
独学者のための英語学習本ガイ..
at 2015-04-15 00:31

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

その他のジャンル