<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自由への問い 公共性 (自由が/自由を可能にする秩序)坂口正二郎編集

本はたくさん図書館で借りるが、全部読むことはほとんどない。なんだか、本を家と図書館の間で行ったり来たり運搬している人みたいである。重い本だと特にそう。この本は、重くはない。でも、やっぱり全部読んでない。

自由「濫用」の許容性について(毛利透)という章について。

ここ数年、社会運動というものに関わるようになって、運動歴の長い人からたまに聞く言葉に「自由の敵に自由を許すな」というのがある。ある符号のように、ここぞという時にささやかれる。そうすると、分かる人には分かるという雰囲気が、ちらちら、とする。
ぼくには、その共通理解がないので、なんだかなぁ、、、という、気分になる。今一、よく分からない言葉だな、という消化不良気分。自由の敵にも、自由を許した方がいいのでは、、?とも思うし、いつ自分や自分たちがそのように言われて、自由を奪われるか分からない、、、という危惧はないのかな、と疑問だ。自由の敵、というものに、何らかの基準があるのだろうか、、、アメリカだって、自由の敵、といいつつ、あちこちに爆弾を落としているわけで。まぁ、端的にいえば、自由を許すな、と言ったら、そのこと自体が自由の敵にもなる、という矛盾をどう考えるのか、、、おそらくは何らか考えや背景があるのだろうが、奇妙な前提感の壁みたいのがあり、問いにならなかった。

それが、この章で氷解した。
この言葉は、戦後(西)ドイツの憲法にあたる基本法から来ていたのである。いわゆる「たたかう民主主義」。と、冒頭にあり、うーん、たしかに、これは運動している中では、常識であってもおかしくない、と膝を打った。
「意見表明の自由などの諸基本権を~自由で民主的な基本秩序に敵対するために濫用する者は、これらの基本権を喪失する。」
これは、戦前のワイマール共和国が、自由な民主制という理想にこだわったが故に、合法的にナチスの台頭を許してしまったという反省から、憲法の基礎への攻撃の自由は許さない、という方針が自ずから出来上がった、、、というのが通説になっている。おそらく、ぼくの知人たちの言説も、そのことを前提にしているのだろうと予想がつく。
しかし!、この論文では、この前提を様々に覆していく。そして、それは、ぼくが(おそらくは、多くの人が)漠然と感じる疑問、に近接していくなかなかにスリリングなものだ。
 まず、戦後にこの法律が適用されたのは、ドイツ共産党である。(このことから、連想されるのは、皮肉なことに、日本の破壊活動防止法案である。)
・実際は、ワイマール共和国は、内乱罪や共和国擁護法などによって、反共和国的行動や団体に対して強い規制をかけていた。その内実は、戦後の基本法よりも強権的だった。
・それらの規制は、右に甘く左に厳しいものだった。(共産党は、「殺人者団体」「国家敵対性結社」とされて活動を制約されたが、ナチスはいずれでもなかった。)
・政権入りしたナチスは、自らを批判するプレスに対して、共和的国家形態侮辱罪を適用した。
懸念されることは、まさに現実に起こっていたといってもいいようだ。
著者は「憲法擁護のための諸法の存在が、共和国崩壊に積極的役割を果たしたということはなかったのだろうか。」と疑問を呈し、この諸法が、左翼間の政治的連携を阻害したこと、ナチスに逆用されたこと、言論の自由を保証しないことでの信用の失墜、などをあげている。
一方、戦後は「自由の濫用」を禁じた法律にも関わらず、実際にはほとんど活用されず、しかも近年になると、表現の自由を最大限認める「通常の立憲国家」になっているという。現在から基本法作成時を振り返ってみると「議会制や政党に対する、そしてより本質的にはそれらの背後にいる大衆に対する保守的な不信感があったといえる。」と鋭く指摘している。
そこで、著者の結論としては、以下のようになる。ワイマール共和国当時の状況は、継続的な準内線状態であり、言論が暴力によって裏打ちされていた。戦後の体制では、社会の武装解除が行われており、言論活動を警戒すべき必要がなかった。つまり、「実際に自由がどの程度保障されるかは、憲法において「たたかう民主制」が宣言されるか否かよりは、民主制を維持するためにどの程度暴力行使以前の活動を制約しなければならないかについての、そのときどきの社会状況に応じた判断によって決まってくるところが大きいということになろう。」。
しかしこの結論には少し疑問がある。
ワイマール共和国時代に、自由の制約を行わなかったら、むしろナチスの暴虐を防げたかもしれないという途中の提起はどこへ行ってしまったのだろう。著者自らも「あまりにも状況依存的なものとしてしまい、理論の任務の放棄になってしまうのではないかという批判がありえよう。」と書いているのだが。
国家による暴力の独占が、相対的に、言論や表現の自由を保証する、という話しにもなりそうで、そうなのかもしれないが、そこも少し留保したい。
また、それだけ、ワイマール時代に「憲法擁護」的な活動が行われたならば、なぜ、「体制の敵に対しても自由が与えられていた」と語られ戦後も言説が維持されたのかが、著者の説明だけではうまく納得できないところがある。それは、法的な規制、あるいは、法そのものが、社会に生きる人にとってどのように感じられているのか、ということにも左右されそうである。
結局、法律と社会(や生活)との関係はどういうものなのだろう、という根本的な疑問が残こされてしまった。
ともかく、よく知らないことだったが、よく知らないことについての目からウロコが落ちるような論文だった。
[PR]
by isourou2 | 2011-02-27 23:59 | テキスト

統合失調症とつき合う改訂新版(伊藤順一郎 保健同人社)

この本の特徴は、統合失調症の人の周りの人のあり方について多く書かれていることだ。そういう本は案外ないと思う。そして、記述がやさしく噛んでふくめる調子で、いいことも悪いことも公平な視点で書いている。
それは、この著者が臨床においても、すぐれていることを思わせる。
ところどころに引用や学説の紹介もあるのだが、中井久夫さんの引用の数が多い。中井久夫さんの引用のある精神医学の本は、いい本なのではないだろうか。まぁ、分からないが今のところはそうだ。ある種、医者としての良心の護符のようなところがありそうだ。
統合失調症の発病の説明として、情報選択のフィルターが破れているー情報が過剰になるー覚醒度をあげて対応するーねむれないなどで破綻してくる、という仮説は分かりやすかった。過剰な情報を統制するために引きこもったり、妄想をつくりあげたりする。
妄想という症状によって、病気の印象を受けるのだが、むしろ、過敏さなどの方が病気の本源に近いということになるかと思う。
中井久夫さんは、別の本でこう書いている。「統合失調症の人を訴えを聞いていますと、すべてのものが「徴候」となってくるのですね。」「たとえば、ここに足跡がある。ああ、足跡だなといえば、それきりのことです。しかし、狩猟民族には、この同じ足跡から、どういう動物が何日前にここを通ったか、その動物の性別や大きさ、妊娠していたか、空腹だったか肥えていたか、何しにどこへ行って今は多分どこにいるかまでを言い当てるような人がいます。この場合、足跡は、それらの徴候です。」(統合失調症問答)
徴候を過敏に捉えていく能力自体は、生き延びるために必要なことで、過去にはより必要だった時代があったかもしれない。(と、中井さんはどこかで書いていたと思う。)また、芸術家や宗教家にも必要な能力ではあるだろうから、そこらへんには「病気」と不分明な領域というのもある。

この本は、「ぜんかれん」に連載されたものだという。たぶん、病者の家族に向けての雑誌だろう。そのためもあるのか、家族としての対応や心構えの内容になっていて、病者の周りにいる他の人たちに向けての内容に薄かったのはぼくとしては残念のところである。友人や、被害妄想のターゲットとなってしまった人はどう接すればいいのか、それが一番知りたかったことなので、少しでもいいので、記載があればと思った。
地味な装丁で、また、似たような体裁の本も多いが、この本は良書だと思う。
[PR]
by isourou2 | 2011-02-25 12:39 | テキスト

カール・レイモン氏が寄贈した函館公園のライオンについて(川島茂裕「大名領国を歩く」吉川弘文社)

井伏鱒二氏の小説のタイトルではない。
しかし、この一論文については、タイトルのみならず井伏鱒二的事態が想起される。
この論文集は、「中世近世移行期を中心とする研究会」のものだし、事実他の論文は、戦国時代や江戸時代の地味ながら堅実なものばかりである。総題の「大名領国を歩く」にしてもそれを表している。しかしながら、函館公園のライオンが処分されたという話は、太平洋戦争下での出来事であり、レイモン氏が函館市にライオンを寄贈したのも日中戦争下(1938年)にすぎない。いずれにしても、もろに近代の出来事である。論文集の中で明らかに場違いなこの論文が採用されたにあたっては、おそらく、これが永原慶二氏という方の古希を祝って発案されたものという事情による人間関係の濃淡が関わっているに相違ない。またもう一つ気になる点は、奥書に、他の著者13名中12名が大学の教授助教授講師であり、残りの1名も行政に関わる役職が記載されているのにも関わらず、当の川島氏のみだけ、何の肩書きも載せていないことである。肩書きどころか、生年日すらない。これは、一体どういうことか。川島氏は、この研究会(永島慶二先生を囲む「駒の会」)の中で異色であるようだ。しかし、分かるのはここまでであって、結局、この論文が掲載された理由は読者には不案内のままである。ただ、古希を祝う論文集、ということからして、誰もが善意であるにも関わらず、あるいは誰かの小さなこだわりが、思いも寄らない事態を惹起するという井伏鱒二的世界の予感のみが色濃く漂うのである。
最後に、川島氏の論文の一部を引用して、この感想を終わりたい。ここは、川島氏が、ライオンの命名が戦意発揚に果たした役割について説明しているところである。
「第三に、ライオンにのみ名前が募集されたという点である。当時、レイモン氏が寄贈したライオンの他に、函館公園にはクマも飼われていた。レイモン氏がライオンとともに寄贈したクマか、もともと函館公園にいたクマかは不明な点があるが、クマ舎もすでに新築・完成していた。そのうちのライオンのみに名前が募集され、命名式が大々的に実践されたのである。この点を函館市長は、「しかし名のない熊君は僕等には名がない、クマったクマったといっています」と式辞で述べている。」
[PR]
by isourou2 | 2011-02-22 21:56

映画「海魔陸をいく」(監督伊賀山正徳1950年53分)

とんでもない作品。
子猫物語とか、キタキツネ物語とか、マリリンに会いたい、とか動物を主人公にした映画は今までもあった。これからもあるだろう。
これは、日本におけるそれらの嚆矢となる作品ともいえるだろうが、主人公はタコである。
はじめは、それでも、タコの案内による海の生物の紹介の教育映画かと思われる内容だったのだが、タコつぼで人の手により引き上げられ、売られる寸前に逃げ出してからは、教育映画をはるかに逸脱する悪ノリぶりで、タコの冒険たんが始まった。その間に、タコで出会う動物たち(他)を思い出すだけあげてみると、カエル・かまきり・がちょう・蒸気機関車・小熊・蝶・蛇・蜘蛛・亀、、、、。泥をはいずったり、川を流れたり、がちょうの卵を孵化させたり、山火事にあったり、機関車に曳かれそうになって気絶したり、熊に弄ばれたり、崖から落ちたり、蝶を蜘蛛から助けたり、蛇に追いかけられたり、亀に背負わられたり、、、海に帰るまでの一大スペクタクル、、息をつぐ暇は、、しかし、大いにある。なにせ、主人公は軟体動物のタコである。動きもどんくさい。しかも、あくまでも実写だ。そもそもタコに陸を歩かせること自体に無茶がある。ごちゃごちゃと手足を動かしでんぐり返しで進む様な案配である。
絶妙なナレーションと実際のタコの動き、によって、どこまでもつかみ所のないおかしみが流れている。軟体動物に感情移入ができるのか、という難しい課題に挑戦しているともいえる。まぁ、それにくらべれば冒頭にあげた~物語の安易なこと。課題の難しさに比例して、作者の創造力の飛翔はとどまるところをしらない。一体、これは何の映画なのだろうか。なんだか分からないところまで突き進んでしまっている。ところどころに挿入される生物たちの生態も、かまきりが交尾して雌が雄をたべる、とか、へびが大きなカエルを丸飲みする、とか、なんかアグレッシブなところを取り上げているが、それがおおらかさの中に収まっているように見えるのも、常にタコの視点で描いているためである。
タコというのは、なぜ、すっとぼけているかのようなのか。
たこ八郎、から、たこ社長、そして田中裕子の「たこが言うのよねぇ」に至る系譜の中にあるタコに仮託するイメージ。
常にズレ続けているタコが、海にいるべきなのに陸をはいずりまわっている姿は、かわいそうでももちろんかわいいでもなく、まるで当然の定めでもあるがごとく楽天的であり、前向きである。ここに、この作品が作られた1950年という時代を見るし、おそらくはこの時代の人々の気持ちの中には、陸に上がったタコだしても明朗に未来を信じる力とユーモアがあったのだと思う。ちょっとこじつけみたいだが。タコのイメージには、この焼け跡の明るい面の匂いが生き続けていて、それは、島袋道浩の「蛸街道プロジェクト」までも脈々と続いているのである。

(この映画は、恵比寿映画祭「忘れられた映画の再発見 神戸映画資料館セレクション」で見ました。)
[PR]
by isourou2 | 2011-02-22 12:22 | 映像

LIFE WITHOUT BUILDINGS

ネットで見つけたバンド。多くはない人の特別の音楽になっているバンド。分かる。これは分かる。99年から3年くらい活動して、1枚のオリジナルとライブアルバムを出している。ほしいけど、ぼくはどっちも持っていない。何曲かをユーチューブなどからダウンロードして聞いている。
よく分からないが(行ったこともないし)、ニューヨークな感じがする。ミニマムな研がれたロックと、ポエトリーリーディング的に突き放しからみつくボーカル。そこには風景がある。その風景は、ニューヨーク(東京でもいい)に上京してきた人たちが、感じるような弧絶した心象でもあるようだ。ビルディングなしの人生。そこにあったものは、ここにはない。そして、そこにあったものは、幻想みたいにも思えるし、ここからは出ていくところがない。パティスミスが1stシングルの超名曲「PISS FACTORY」のリーディングで感極まったように、ネバーリターン、と叫んだ後のサウンドがこのバンドにはある。
[PR]
by isourou2 | 2011-02-16 00:15


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55
ルポ過激派組織IS ジハーデ..
at 2015-11-23 22:09
英作文なんかこわくない(猪野..
at 2015-09-23 01:31
英会話なるほどフレーズ100..
at 2015-07-27 00:46
生存権ーいまを生きるあなたに..
at 2015-07-08 19:36
銃殺(ジョセフ・ロージー 1..
at 2015-07-08 18:00
奇怪ねー台湾(青木由香 東洋..
at 2015-07-05 23:51
物語 近現代ギリシャの歴史~..
at 2015-07-05 23:50
独学者のための英語学習本ガイ..
at 2015-04-15 00:31
通じる英語・上達のコツ(平澤..
at 2015-02-17 22:56
ほんとうの中国の話をしよう(..
at 2015-01-23 22:20

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

人気ジャンル