<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本でいちばん小さな出版社(佃由美子 晶文社 2007)

ぼくも出版社の立ち上げにたずさわったことがある。(今もそう)。その時に、とても役に立った。これは、小さな出版社にとっての実用書なのだ。取次のとの守秘義務もあり、また企業秘密もあるだろう。もっと、知りたいところもある。(たとえば、直接読者に売る本が多いから採算が取れているそうだが、どうやって直販をしているのだろうか、、、。)そうだとしても、これは優れた手引き書である。そして、出版に多少でも興味がある者にとっては実に読みやすい。

なんで読みやすいのかというと、文体がサバサバしているからだ。とてもサバサバしている。このサバサバ系の女の人というのは、例えば西原理恵子、などのラインといえば何となく分かるかと思うのですが、、、。
この人たちが実際はどうかはよく分からないにしても、文体においてはサバサバしている。サバサバしているということは、空間があるということです。空間があるから、そこで物とか気持ちをサバくことができる。そして、サバイバル、できる。(これは駄洒落)。空間のない文体というのは、圧迫感があるので、時に切実で迫力はある。しかし、そこで気持ちを延ばしたり見方を変化させたりできないから、疲れる。押しつけられている感じがどうしてもする。隙間があり空間があるのは、そこでノビノビさせてもらえる。自由である。しかし、空間をつくる、ということの裏には忍耐がある。意識的な行為であって、自然でもない。ノビノビしたい人たちは寄ってきて、甘えているが、空間を作っている方は、実は厳しい気持ちを自分に持っている。孤独かもしれない。だから、酔うことが好きである。たいてい酒が好きだし、ギャンブルも好き(かもしれない。)。しかし、もちろんそういう自分を引いてみて、そこにもサバサバした空間を作ることに余念がない。
男にも女にも、でも特に男に好かれるだろうが、ここにおいてはジェンダーの問題も絡まってくる。圧迫し人をはねのけるのではないから、多くの社会的価値を許容することにもなる。サバサバが、期待される女性役割とだぶっていく可能性が高い。男のノビノビって、だいたいそういうことだったりする。男性は、男性週刊誌を好む、と言ってくれる女性に、どれほどの安堵感を覚えることか。いちいち煽情的なグラビア写真が載っている週刊誌を読んでいることに、どこかで後ろめたいところがあるのだ。あるいは、性風俗に通っていることとか。ここが難所である。ここをどういう風に超えるのか、あるいは無視するのか、、。男の自分としては、複雑な気持ちを持ちながらも気になるところである。(本の内容は、はじめに書いたように、出版に関わることなんですが、、、)
[PR]
by isourou2 | 2011-06-27 15:54

アニエスの浜辺(アニエスヴァルダ 2008)

高校生のころ、よく映画館に通っていた。近所に名画座があり、3本立てで800円くらいだった。学校をさぼって、映画を見ている時もあった。映画を見るということは、その間、暗闇にいるということでもあった。観客は、隠れている。スクリーンには光があり、客席には、闇がある。そして、観客は、暗闇から光を覗いている。それが、映画を見るということにおいて重要なことだった。高校生のころ、ぼくは隠れたかったのだ。
ヴァルダさんは、引っ込み思案で地味な、でも何が美しいものかを知っている賢く好奇心と才気に溢れた女の子だったのだろう。
現在の81才ヴァルダから振り返る10代後半から20代前半の自分に対する視線は、慈しみもありじれったくもあるようだ。
そんな女の子にとって、写真それから映画は、自分を表現しつつも闇の中にいることも出来る媒体だった。フィルムは暗室の中から生まれる。そして、そこから外の世界を眺めて楽しむこともできた。はじめての映画が、海外で上映された時、主演女優に注目が集まってもその隣にいる自分に誰も気がつかないのは、面白かったと語っている。映画は、撮影現場の現実を暗室や夢想の暗闇を通して、スクリーンに投影し、それが映画館の中の現実になり今度は観客が暗闇と夢想の中でそれを経験し、映画館をでた観客の現実をも、密かに浸食し変形する。そのようにして、少しづつ映画を通して現実を変化させると同時に、現実を柔軟に彼女も受け入れていく。映画を媒介にして、現実とヴァルダの相互受け入れともいえる事態がじょじょに進行していく。
それでも、彼女の立つ場所は、海の中ではなくて、浜辺である。船から落ちる人ではなく、それを見る人である。浜辺では、様々な人が行き交う。一方、海の中では混ざりあう。冒頭で、浜辺にたくさんの鏡がある。お互いがお互いをみる、自分が距離をもって自分の姿をみる。その距離は、堅固な意志の力を感じさせる。でも、ヴァルダはいつも少し物憂げでもある。鏡で映像が乱反射しても、過去をあらゆるやり方で再現しても、それを見ている自分がいる限り交わることはない。その距離の中で、ヴァルダは才気を燃料に遊んでいる。その意味では、女の子だったヴァルダも81才のヴァルダも変わらない。その距離があるから、映画の秘密があり作品がうまれる。「落ち穂拾い」もそうだったが、ヴァルダの映画はリズムがいい。彼女の呼吸のリズムだ。自伝映画だから、素材に縛られず、もっと自分の呼吸で作られている。それが、心地いい。
パッチワークのように自分の人生をまとめている。まとめることは、誰でも出来ることではない。思想家ではなく表現者がまとめるのならば、このようになるのかもしれない。
最後に。マグリットの絵を実写で映像にしたシーンで、股間がマグリットになっていたのは、映倫がある日本ならでは出来事だろう。ヴァルダなら、愉快に笑うと思う。
[PR]
by isourou2 | 2011-06-12 23:57 | テキスト

大阪発公園SOS 私たちのコモンセンスー公園感覚(都市と公園ネットワーク 都市文化社1994)

市民運動からみた「公園」の現在抱えている危機的状況については、よく網羅されている本だと思う。現在といっても1994年に出版された今から20年前近いの本だけど、ここで語られている公園の状態は、現在ぼくが関わっている都内公園(宮下公園)の1企業による改造にそのまま通じている。
宮下公園は、ホームレス排除反対の面があるので、運動としては違いはあるけど、この本でも、ホームレス問題については、ある程度の記述もスタンスもある。
具体的な大阪の公園での事例や運動の紹介も参考になるが、この本の白眉は、第二章の「私たちの公園観」だろう。運動をしている人が、歴史を踏まえた自分たちのパースペクティブを持つのは困難なことなのだ。たぶん、この地味な本の中のもっとも地味な部分なのだが、これは、市民(利用者)の手によって公園が作られるべき、という結論に至る視点で的確にまとめられた画期的な公園通史である。
これまでの公園通史は、行政の視点からまとめられたものがほとんどであるだけに評価すべきところだと思う。また、公園通史というと東京の公園に偏重するのが常のところ、大阪の公園通史というところが貴重である。
ただ、行政の視点といっても、時代によってまた人によって多様であるというのも、公園の歴史から分かることでもある。
明治の社会主義者たちが、都市の公共性という観点から積極的に公園を論じ、それが公園の法制化や実務を担った「都市専門官僚」たちに影響を与えたというのは、はじめて知る知見であった。インテリである官僚の中に、社会主義や共産主義の影響があるという大正時代の状況は、現在からはちょっと想像がつかない。
「公園は民衆の公園であって公園などへ行かなくとも自家に庭園を所有し娯楽機関を備えつけてあるやうな少数者の趣味に投ずるが如き所謂高尚な数奇を凝らした箱庭式の公園よりも満足な住居を持たず公園を自己の庭園として唯一の慰安休養の地と考えて居るやうな人々の趣味要求を標準として彼等の最も利用し易かるべき無産者階級の公園、民衆的公園たらしむることが最も必要であろう、、。」
というのが、大阪市社会部調査課の発行した本の文章である。もっともな内容だが、果たしてこれが今日の行政から考えられるだろうか。(ただ、革新都政であった時期の建設局がだした「東京の公園百年」では、序文に美濃部亮吉知事が「東京の公園100年の歴史には、つねに市民の側にたって、ともすれば国家の意志と都合に左右されがちな公園を真に民衆の生活の場として定着され、はぐくもうとする貴重なたたかいが秘められています。」と書いていたりする例もある。)
大正時代に表明された公園の高い理念を現在超えているのか、という作者の反問は当然でてくる思いであることがこの章を読むと分かる。
この本の中に出てくる現在の大阪の公園を潰していく役人たちや日常ぼくたちが接する役人や政治家の理念のなさ考えのなさに比べると、昔の役人には偉い人が多かったのではないか、、、という感じがどうしてもするところがある。
この本の他の章で記載されている大阪の公園の商業主義を優先させる惨状は、出版時以後も、イベント主義と公園からの野宿者排除という形で進行している。東京では、大阪ほどの不見識はなかったと思うが、いよいよ宮下公園を端緒に同じようなことが起こりはじめようとしているようだ。
そのような意味でも、この本は古びない内容を持つものだと思う。
[PR]
by isourou2 | 2011-06-06 18:56

Corky's Dept To His Father( Mayo Thompson 1969)

決定的に重要な作品というのがある。あるような気がする。ぼくにとって、ということだけではない。しかし、人によって、重要な作品というのはちがうだろう、、、たしかに。でも、そういうことでもなく、やはり重要な作品がある気がする。たとえ、あなたがそう思わなくても、すべての人にとって、本当はこれは重要なんだよ、と言いたくなる作品だ。もし、そういう作品だけが作品だとしたら、タワーレコードは4畳半でいいだろう。ずいぶんすっきりして気分がいい。しかし、渋谷のタワーレコードはまさに、7階建てのタワーである。じゃ、その他の作品はゴミなのか。そうではない、、、はずだ。それは、重要の作品に至る為の道程というか捨て石なのか。そうでもない。吉本隆明に、25時という概念(というほどのものではないかもしれないが、、)がある。たしか、日常の細々したことと生活のためのことで24時間は終わってしまう、だから、本当の作品は25時間目に作るしかない、ということだった。それは、芸術は24時間という日常の時間を超えたところもあるという含意でもあったかもしれない。うまくいえないが、重要な作品は25時間目であるのかもしれない。それは、奇跡のかけらを含んでいる。奇跡に浸されている。あり得ない。それゆえに、いつまでも24時間の世界を刺激する。いくらコンビニだって、24時間しかやっていない。ふつうの作品は、金儲けと秩序の中から生み出されるのだから、そうそう奇跡などはない。25時の世界にどうやったらいけるのか、それは誰に分からない。分かっていれば、重要な作品をつくった人は常に作れるはずだ。でも、実際はそうではない。もしかすると、こういう考え方はつまらない考えかもしれない。でも、どうしてもそういう風に思えてしまう作品がある。
この「Corky's Dept To His Father」はそんな作品である。
また、「God Bless The Red Krayola And All Who Sail With It」という彼が所属するバンドTHE RED KRAYOLAの2ndも同様である。
[PR]
by isourou2 | 2011-06-03 01:48 | 音楽


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55
ルポ過激派組織IS ジハーデ..
at 2015-11-23 22:09
英作文なんかこわくない(猪野..
at 2015-09-23 01:31
英会話なるほどフレーズ100..
at 2015-07-27 00:46
生存権ーいまを生きるあなたに..
at 2015-07-08 19:36
銃殺(ジョセフ・ロージー 1..
at 2015-07-08 18:00
奇怪ねー台湾(青木由香 東洋..
at 2015-07-05 23:51
物語 近現代ギリシャの歴史~..
at 2015-07-05 23:50
独学者のための英語学習本ガイ..
at 2015-04-15 00:31
通じる英語・上達のコツ(平澤..
at 2015-02-17 22:56
ほんとうの中国の話をしよう(..
at 2015-01-23 22:20

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

その他のジャンル