カテゴリ:オブジェクト( 3 )

おぎの本寄せにがり絹豆腐(おぎの豆腐)

わたしは食通ではない。まして、豆腐評論家でもない。しかし、生活クラブ生協登戸店で販売している、おぎの豆腐は世界一おいしい豆腐である。
かれこれ、20年前くらいになるが、登戸で居候をしていたことがある。いや、向ヶ丘遊園の生田緑地でテントを張っていた時だったか。生活クラブ生協の店を発見して連日のように通っていた。せまい店内は販売員なのか客なのか判然としないような人たちで、非常な活気があった。この生協は、いわゆるコーポから分派したらしく、食の安全を徹底追及しているらしい。会員制の店で、会員が運営にも参画していくシステムになっていて、独特の活気もそれに起因しているようだった。会員でなくとも、遠隔地に住んでいるなどの理由があれば、利用は可能であった。とにかく、おいしいもの(そして安全だろうもの)が、オーガニック系の店よりも、ずっと手頃な価格でそろっていた。そして、そこで、おぎの豆腐と出会った。豆腐というよりは上質なプリンに近い。なめらかな舌触りに、コクのある、それでいて、くどくない甘み。いままでの豆腐は何だったのか。別格であった。
もちろん、国産丸大豆、消泡材不使用。
爾来、これほどの豆腐を寡聞にして知らない。そもそも生活クラブ生協の実店舗は数少ないのだが、この豆腐は登戸店にしか置いてない。作っているのが、生田にある豆腐屋さんなのである。実は、20年ほど前のその頃、豆腐屋を発見して(小さな店だった)喜び勇んでたくさん購入した(しそ豆腐やごま豆腐もあったような)。生協で買うよりもほんの少し安かったと思う。しかし、生協の品のほうが、なぜかおいしいような気がした。
昨今、たしかにスーパーで売っている豆腐の味も長足の進歩を遂げている。むかしは安い豆腐など、水を吸ったスポンジのようであった。しかし、近年は安くても食べられるし、高めになると、驚くほどおいしい。男前豆腐が一般化したあたりから、その傾向は強まっていると思う。豆腐屋さんが軒並み店を畳むはずである。もうからないのに、仕事は朝早いしきつい(だろう)。
昨日、たまたま、登戸に行く用事があった。生協は向ヶ丘遊園駅から徒歩5分ほどのところにあるようだった。以前は長い商店街のおしまいくらいにあったのだが、再開発をしたのか風景は変わっていて、店も移動していた。以前のようなごちゃごちゃ感はなくて、すこしガランとしている。ちょっと不安がよぎったが、おぎの豆腐はしっかり存在した。大人気、とかポップが書かれてあった。直方体の大きめの容器にはちきれんばかりの豆腐がボディコンシャスに入っている。うまそうである。1丁190円(だったかな)。より特徴がいかされていた印象のある絹ごしを2丁購入した。
そして、家に戻って、早速、箸を入れた。柔らかい。う、う、う、う、う、う、う、うまい!この味だ!豆乳プリンという感じの異次元のうまさ。豆だけでどうしてこんなに上品な甘みがでるのか。前より、さらにおいしくなっている気さえする。1丁目は、塩と醤油で食べたが、2丁目は何もかけずに食べた。調味料を加えるのがもったいない。おかずというよりデザートである。
風景は変われども、おぎの豆腐は健在なり。


[PR]
by isourou2 | 2018-09-01 22:46 | オブジェクト

おぎの本寄せにがり絹豆腐(おぎの豆腐)

わたしは食通ではない。まして、豆腐評論家でもない。しかし、生活クラブ生協登戸店で販売している、おぎの豆腐は世界一おいしい豆腐である。
かれこれ、20年前くらいになるが、登戸で居候をしていたことがある。いや、向ヶ丘遊園の生田緑地でテントを張っていた時だったか。生活クラブ生協の店を発見して連日のように通っていた。せまい店内は販売員なのか客なのか判然としないような人たちで、非常な活気があった。この生協は、いわゆるコーポから分派したらしく、食の安全を徹底追及しているらしい。会員制の店で、会員が運営にも参画していくシステムになっていて、独特の活気もそれに起因しているようだった。会員でなくとも、遠隔地に住んでいるなどの理由があれば、利用は可能であった。とにかく、おいしいもの(そして安全だろうもの)が、オーガニック系の店よりも、ずっと手頃な価格でそろっていた。そして、そこで、おぎの豆腐と出会った。豆腐というよりは上質なプリンに近い。なめらかな舌触りに、コクのある、それでいて、くどくない甘み。いままでの豆腐は何だったのか。別格であった。
もちろん、国産丸大豆、消泡材不使用。
爾来、これほどの豆腐を寡聞にして知らない。そもそも生活クラブ生協の実店舗は数少ないのだが、この豆腐は登戸店にしか置いてない。作っているのが、生田にある豆腐屋さんなのである。実は、20年ほど前のその頃、豆腐屋を発見して(小さな店だった)喜び勇んでたくさん購入した(しそ豆腐やごま豆腐もあったような)。生協で買うよりもほんの少し安かったと思う。しかし、生協の品のほうが、なぜかおいしいような気がした。
昨今、たしかにスーパーで売っている豆腐の味も長足の進歩を遂げている。むかしは安い豆腐など、水を吸ったスポンジのようであった。しかし、近年は安くても食べられるし、高めになると、驚くほどおいしい。男前豆腐が一般化したあたりから、その傾向は強まっていると思う。豆腐屋さんが軒並み店を畳むはずである。もうからないのに、仕事は朝早いしきつい(だろう)。
昨日、たまたま、登戸に行く用事があった。生協は向ヶ丘遊園駅から徒歩5分ほどのところにあるようだった。以前は長い商店街のおしまいくらいにあったのだが、再開発をしたのか風景は変わっていて、店も移動していた。以前のようなごちゃごちゃ感はなくて、すこしガランとしている。ちょっと不安がよぎったが、おぎの豆腐はしっかり存在した。大人気、とかポップが書かれてあった。直方体の大きめの容器にはちきれんばかりの豆腐がボディコンシャスに入っている。うまそうである。1丁190円(だったかな)。より特徴がいかされていた印象のある絹ごしを2丁購入した。
そして、家に戻って、早速、箸を入れた。柔らかい。う、う、う、う、う、う、う、うまい!この味だ!豆乳プリンという感じの異次元のうまさ。豆だけでどうしてこんなに上品な甘みがでるのか。前より、さらにおいしくなっている気さえする。1丁目は、塩と醤油で食べたが、2丁目は何もかけずに食べた。調味料を加えるのがもったいない。おかずというよりデザートである。
風景は変われども、おぎの豆腐は健在なり。


[PR]
by isourou2 | 2018-09-01 22:46 | オブジェクト

ポメラその2

http://isourou2.exblog.jp/25223868/でポメラのことを書いた。その続編である。
その文中でDM100について要望を書いた。
・バックライトをオフに出来るようにしてほしい。
ーポメラの最大の長所は目が疲れにくいことである。バックライトがなくても見やすい視認性こそが長所である。バックライトでどれほど目が疲労するか分からないが消せない限り使う気になれない。そもそもバックライトなくて困ることなどあんまりないと思う。

DM100はポメラ初の折り畳みではないストレートタイプのキーボード(つまり壊れにくいはず)、画面は大きくなり5.7インチ、1ファイル文字数は4万、各種辞書を掲載し、ブルートゥースあり(ファイル転送が楽、スマホのキーボートとしても使える)、そして、バックライト付き。
いいことづくめのようだが、最後が問題だ。パソコンではなくポメラを使うのは目にやさしいからというのが、強い動機である。その上、DM100のバックライトは消せなかった。
それが今年になって、ついにバックライトがオフにできるようになったのだ。アマゾンレビューの一言で気がついたのだが、本当ならもっと大騒ぎしていいことだろう。DM200という後続機が出ても、型落ちしたDM100の利用者のニーズに応えるメーカーの姿勢は素晴らしい。ブラボー、ということで、私は1万円くらいで中古のDM100を購入した。

しかし、結論から言えば、DM100のバックライトオフは残念!!!

DM100はとても画面自体が暗くて(黒くて)、蛍光灯で明かるい室内を除けば、ライトオフでは文字が非常に見えにくいのだ。自然光、やや薄暗い室内、などで使えない。
DM10では使用可能な光量であっても、DM100のライトオフでは無理。
バックライトをディフォルトにした機種に後から消せるようにしたから、こういうことになるのだろう。ライトのついていないDM10(DM20は捨ててしまったので比較できないが)画面の地の色がずっと明るい。DM100のメニュー画面にいたっては白黒反転のため、ライトオフでは極めてみにくい(というか見えないに近い)。
そして、やっぱりライトをつけると最低レベルにしてもDM100の画面は明るすぎる。
パソコンもスマホも最低光量にブルーライトカットフィルター使用という目のケア最優先の私からみての話ではあるが。つまり、ポメラなのにパソコンより目が疲れるということに他ならない。ポメラの意味ないじゃん。私にはありえない話である。DM200のように光量を細かく設定できればもう少し暗くできて、まだ目の負担は少ないかもしれないが、DM100の光量設定はアバウトすぎる。これでは、ライトをつけても消しても使いたくない。
もう一点、DM100の画面の開閉角度は145度である。DM10などの180度開く機種にくらべて、外光を画面に当てる自由度が低い。180度開くことによって、画面の視認性が向上する場合はけっこうあるのに、DM100ではそれが出来ない。

超期待して購入したから、落胆もまた激しい。結局はDM10を使用しているのである。そして、この極めて機能が限られている機種が、完成された製品であることを改めて感じている。画面は非常に見やすく、軽くて、キータッチだって悪くはない。とはいえ、DM100(そして200の)利便性はすごい進化だ。結局、バックライトがついたということが、DM100のネックである。そういう意味で、ATOKが賢くなったとしてもライトを消すことすらできないDM200に触手はのびない。あと、DM200はさすがに高すぎるだろう。DM200の不満点をついで書けば、バッテリーの充電時間が5時間というのもクイックチャージなどに対応させて、半分にしてもらいたかった。自分の用途では、ATOKの賢さとバッテリーがトレードオフならば、多少、変換がアレでも電池駆動がよかった。
開発者のインタビューなどによるとモノクロ液晶の入手に苦労されているということである。
そういう事情に疎いので勝手な要望なのかもしれないが、次機はディフォルトがライトオフで視認性抜群のポメラを開発していただきたい。なによりも目に優しいこと、携帯性、キーボードの打ちやすさ、がポメラの良さだと信じている。

追記1
結局、中古でDM20を買った。これで、今までのポメラ所有台数は計7台になる。アホかもしれない。思えば、数々のポメラが壊れて手元から去っていった。過去に手にした1台のDM10、3台のDM20が壊れた。もっとも、2台のDM20は貰い物で、もらった時から不具合があった。ポメラはとても繊細な商品なのだ。というか、壊れすぎだろ。キーが打ち込めなくなる、折りたたみキーボードの連結部が壊れる。あと、DM10とDM20は加水分解といって、湿気によって表面のコーティングが溶けてベタベタになる。これは、しばらくしまっていると起こるようだ。風とおしが悪いためか?。このベタベタをアルコールなどで拭き取る作業はかなり大変。中古のDM20も軽く加水分解を起こしていた。なので、本当は加水分解しないDM25が欲しかったが、中古市場にはなかなか出てこなくて高価なので諦めた。あと、DM10とくらべてDM20は画面の映り込みがほとんどないことに気がついた。

追記2
DM100をしばらく使用してみて、いくつかの利点を実感した。1つは、バックライト点灯時のQRコードの読み込みの良さである。DM20では、この読み込みにかなり苦労した。しかし、バックライトがついていると実に快適。次に、ブルートゥース。スマホとファイルの相互やりとりが出来るのは楽である(ESファイルマネージャー使用)。しかし、WIN10のパソコンでは、ファイルは認識せずキーボードとしてしかブルートゥースが利用できないようだ(USB接続すればいいだけだが)。3点目は、英語の辞書がとても便利である。
DM20を購入したので、こちらは手放そうと思っていたが、これらの利点のために思いとどまっている。具体的には、メール文(英文を含め)に使っている。
ただし、長文はDM20。やはりパソコンと比べてもDM100は目が疲れるのである。あと、キーボードの打鍵がDM20の方が若干深くて、個人的には打ちやすい。
DM100のブルーカットフィルムを見つけたので、これによって、多少でも刺激が改善されることを願っている。
あとは、もっと照度を落とせるソウトウェアをキングジムにぜひとも開発していただきたい。

追記3(2018・3・18)
結局、新たに購入した中古のDM20は使用不可になってしまった。まずは、いくつかのキーボードの入力ができなくなり、それを折り畳まないという手でどうにか乗り越え、だましだましの状態。しかし、電池消費が異状に早くなりお手上げ。何度も言うが、ポメラ、壊れすぎ!!!
そこで、再び、DM100を引っ張り出して使っている。悪くない。変換だって、DM20よりは多少ましになっている。これは完成形だろう。数字だって100と切りがよい。しかし、問題はやはりバックライトである。多少なれてきたが疲れるし、視差で目がチカチカすると言われればそういう気もする。でも、もうこれしか生きたポメラはない。そして、気づいたのだが、白黒反転ができれば、それほど目は疲れないだろう。これは声を大にしてキングジムにお願いしたいので、大文字で繰り返す。

DM100、バージョンアップで白黒反転をお願いしたい

あとは、バックライトの設定でもう少し暗くできるようにしてもらいたい。
白黒反転は、なぜかDM100だけ出来ないのだ。頼む!それで、ぼくは落ち着いてポメラに向かうことが出来るのだ。



[PR]
by isourou2 | 2017-08-07 17:24 | オブジェクト


日々触れたものの感想をかきます。


by isourou2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
音楽
テキスト
映像
オブジェクト
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 07月
2018年 03月
2017年 08月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

ホームレス文化

最新の記事

おぎの本寄せにがり絹豆腐(お..
at 2018-09-01 22:46
おぎの本寄せにがり絹豆腐(お..
at 2018-09-01 22:46
かぼちゃを塩で煮る(牧野伊三..
at 2018-09-01 22:36
かぼちゃを塩で煮る(牧野伊三..
at 2018-09-01 22:36
料理本の世界
at 2018-07-04 00:08
ポメラDM30の発売を記念して
at 2018-07-03 23:43
昭和を語るー鶴見俊輔座談(晶..
at 2018-03-18 23:32
私のもらった文学賞(トーマス..
at 2018-03-06 17:24
ポメラその2
at 2017-08-07 17:24
私に構わないで(ハナ・ユシッ..
at 2017-05-31 20:32
心理(荒川洋治 みすず書房2..
at 2016-11-13 00:20
蜘蛛女のキス(プイグ 野谷文..
at 2016-08-06 21:10
ポメラ
at 2016-05-13 00:06
日本人の英語はなぜ間違うのか..
at 2016-02-07 01:29
闇市(マイク・モラスキー編 ..
at 2015-12-16 19:55

この記事に対する感想は

abcisoourou@gmail.com(abcを削ってください)
まで
お願いします

外部リンク

その他のジャンル